アカデミー始めました

学説や理論から理解するヨガ

ヨガを学び、人に伝えていく上では、哲学と科学を混同してはいけないと考えています。そして物事を理解する上で、その歴史を把握しておくことは大切です。この講座は、私がヨガを学ぶ上で、自分自身が知りたかったことです。皆様にとっても心に残るヨガがあることを願っています。
全ての講座を見る

9月10月ののZoom講座

10:30- 11:45 パソコンやスマートフォンの前でお会いしましょう

  • 4,860円

    4,860円2019/9/17【Zoom講座】精神分析学からみる「評価から自由になる時間」

    キーワードは「楽屋」
    終了
  • 7,560円

    7,560円2019/9/18【Zoom講座】ポリヴェーガル理論

    本命を持ってきました! 本講座を受講された方には、次回以降使える2000円のクーポンを後日お送りさせていただきます。
    終了
  • 4,320円

    4,320円2019/9/24【Zoom講座】ヨガの歴史1.古代 サーンキヤ哲学

    ヨガの始まりから、現代ヨガへの流れまで、全12回の初回です。
    終了
  • 4,950円

    4,950円2019/10/24【Zoom講座】コヒーレンシー:心拍一貫性

    胸の前で手を合わせる儀式が、私たちの心臓や脳に及ぼす影響とは。 右のボタンからですと、チェックアウトページに行ってしまいますため、詳細はカテゴリー > アカデミー > より講座ペーじでご確認ください。
    受講する
  • 4,320円

    4,320円2019/10/25【Zoom講座】ヨガの歴史 2.密教仏教とヨガの歴史

    ヨガ文化の中に垣間見られる密教仏教。どのような関わりをしていたのかを整理しましょう。右のボタンからですと、チェックアウトページに行ってしまいますため、詳細はカテゴリー > アカデミー > より講座ページでご確認ください。
    受講する
  • 7,700円

    7,700円【受講期間180日 +PDF ダウンロード】ポリヴェーガル理論の基本《オンライン講座》

    思いがけず、多くのリクエストをいただき、Zoomではなく、自分のペースで学んでいただけるポリヴェーガル理論の基礎をご用意いたしました。受講期間180日で、PDFダウンロードができるコースです。右のボタンからですと、チェックアウトページに行ってしまいますため、詳細はカテゴリー > アカデミー > より講座ページでご確認ください。
    受講する
  • 5,500円

    5,500円【受講期間90日】ポリヴェーガル理論の基本《オンライン講座》

    90日間の受講期間はいつでもオンライン画面と音声を聞くことができます。右のボタンからですと、チェックアウトページに行ってしまいますため、詳細はカテゴリー > アカデミー > より講座ページよりご確認ください。
    受講する

カテゴリー

対面で学ぶ【Zoom】講義と自分のペースで学べる《テキスト》や《スライド》講座をご用意しています。

? FAQ !

よくある質問とご案内

  • 一般社団法人日本ヨガメディカル協会の認定単位になりますか?

    なりません。認定ヨガセラピストを目指す上での学びを補完する目的でご受講ください。

ルナワークス主宰

IAYT認定ヨガセラピスト

  • 岡部朋子 おかべともこ

    C-IAYT, E-RYT500, MBA, 2児の母

    岡部朋子 おかべともこ

    一般社団法人日本ヨガメディカル協会
    代表理事


    「統合補完医療」としてのヨガの普及を目指し活動。
    高齢者や医療、 介護の現場で働く方々、身体障害者の方など、これまでヨガは 困難と思われていた方々に向け、安全でわかりやすいヨガを 提供できる社会の実現に向け取り組む。

    メディカルヨガ Yoga as Medicine
    日本語版監修

メッセージ

講座に込めた願い(クリックすると開きます)

  • 【大学でヨガが学べるとしたら】

    北米のいくつかの大学では、ヨガを学士・修士の正式な科目として学べる環境の構築が始まっています。 このたび、もし日本でも大学でヨガを学ぶとしたら、ここまで突っ込んで知りたい、というトピックを集めてみました。数年前より「脳と神経のヨガ」というワークショップでお伝えしてきた内容をさらに充実させたものですが、何より私自身が知りたかったことです。 近年、私自身が非常に大切だと考えるようになっていることは、科学と哲学を混同してはならない、ということです。この傾向はまだ海外でも見受けられます。ヨガに関する臨床研究のご指導をいただいている先生方から教えていただいたのは「科学者にとって科学は純然たる科学であるべきであって、そこに哲学をはめ込もうとするからおかしなことになる」という、たいへん真っ当なことでした。

  • 【人々の暮らしに役立つような説明を】

    私たちはヨガの効果を伝えたいあまり科学を振りかざそうとしがちですが、科学は科学(臨床研究)として証明されなければならないものです。 それでも社会はヨガの効果効能にRational (合理性)を求めてきます。 なぜヨガは良いのか。 それに対し、私たちはTheory (理論) を用いてわかりやすく説明することはできます。むしろ今あるエビデンスで無理やり理論武装をするより、簡単な言葉でヨガで行なっていることを説明し、人々の暮らしに役立つような説明をしていく努力をしていくことの方が大切ではないかと考えています。

  • 【ヨガの歴史・仏教との関係を自分の言葉で語れますか】lude questions a potential student may have before purchase.

    昨年、師と仰ぐ伊藤武先生からヨガの歴史を掘り下げて学ぶ機会をいただきました。 ヨガ哲学や歴史はたいへん深遠で複雑であり、私も正直なところまだまだ全てを理解しているとは言えません。しかし、伊藤先生にわかりやすく教えていただいたこと、なぜ今日ヨガの学びにヨーガスートラやバガヴァッド・ギーターが使われているのか、ヨガの実践はどのようなかたちで始まったのか、ラジャヨガとハタヨガの違いは何か、などについてを理解し、自分の言葉で伝えられるようになると、もっと本質的なところからヨガを伝えていけるのではないかと考えています。 特に禅や仏教という文化を背景にもつ日本人にとって、ヨガやマインドフルネスと仏教の関係について理解を深めておくことは役に立つことだと思います。

  • 【講座の大動脈】

    学問という視点からすると、非常に広く浅くの講座となります。しかし何事においてもそうですが、正しいことは、時代や立場によって変わり、また一つではありません。ヨガ以外の学問からも様々なものの見方を学び、生活に役立つ自分のヨガを見つけていただく一助となればと思います。 そして、理論の学びだけで終わらないでください。ヨガは実際にやってみてその良さを実感できる、ということをいつも念頭においてください。簡単な呼吸法、ポーズ、心を落ち着ける時間、実際にやってみることは、自分に優しくする時間を創出することです。 「正しさを追求すると、往往にして優しさを忘れる」のが人の常です。 正しいことが大切でないわけではありませんが、優しさがもたらす恩恵にもっと光をあててみたいと考えています。

  • 【ご注意ください:認定単位ではありません】

    当講座は現時点では一般社団法人日本ヨガメディカル協会の認定プログラムの単位には含まれておりません。今後の予定につきましてもお答えは一切できませんので、あらかじめご理解の上類似のお問い合わせは何卒お控えいただきますようお願い申し上げます。 当講座はあくまでもヨガセラピストを目指す上での教養知識としてご活用ください。 医療や介護の現場にとって一番困るのは、わきまえを伴わずヨガや理論ありきで踏み込んでくる自称ヨガセラピストだというご意見をいただいております。そのうえで協会では、倫理観と実践応用力を身につけた認定ヨガセラピストを共通の到達目標(単位取得)の輩出を行なっております。 当講座を通じセラピーとしてのヨガに興味を持たれ、ヨガセラピストとしての活動を志す方が協会にてさらなる実践力を培うことで、日本の社会に健康を支えるプロフェッショナルが多く生まれることを願ってやみません。